鳥見神社の獅子舞/平岡鳥見神社

  • LINEで送る

 利根川、手賀沼付近の台地に点在する鳥見神社のひとつである平岡鳥見神社では、保存会によって獅子舞が、毎年5月3日の例大祭で奉納されます。

 獅子舞は、悪魔払いと豊作を祈念して行われ、この日を「おこと」といいます。舞人は、氏子の青年男子が選ばれ、ジジ(親獅子)・セナ(若獅子)・カカ(雌獅子)の3匹によって舞われます。舞は「初の切」・「二の切」・「弓越えの舞」・「寝起きの舞」・「三角の舞」・「みみず拾いの舞」・「けんかの舞」・「仲直り三角の舞」等で構成されています。昭和30年12月15日に、千葉県無形民俗文化財に指定されました。

【日時】5月3日(水・祝) 13:00~
【会場】平岡鳥見神社/印西市平岡1476
【交通】JR成田線木下駅または小林駅からタクシー約10分
【問い合わせ】印西市教育部生涯学習課 TEL 0476(33)4714(代表)