ヒュンメルがジェフユナイテッド市原・千葉のサステナブルな新ユニフォームを発表!

  • LINEで送る

株式会社エスエスケイ
デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、2022シーズンからサポートするJ2ジェフユナイテッド市原・千葉のユニフォームを発表。背番号に51 から 150 までを自分だけの番号として登録し、オーセンティックユニフォームにできるプラチナ会員向けの先行発売がスタートしています。

 

■31年目の原点回帰
ジェフユナイテッド市原・千葉のFPの1stユニフォームは、「31年目の原点回帰」をテーマに、ジェフの過去と未来を繋ぐものに。Jリーグ元年(1993年)のユニフォームをオマージュ。イエローとグリーン、レッドのコンビネーションに、左胸から稲妻のようなラインをたすき掛け風に入れました。

 

胸部のグリーンには、ヒュンメルの母国デンマークにあるスーパーキーレンパークをモチーフに。この公園は、50ヶ国以上の人が暮らすエリアにあり、世界各地の遊具や備品を配置することで、共生を促す場所になっています。日本の滑り台があるゾーンには、湾曲した白いラインが引かれ、印象的な景色をつくり出しています。このラインを胸部にデザインしました。
 

また、ジェフオリジナルの数字フォントは、Jリーグ統一フォントにより選手番号には使えなくなりましたが、サポーターを表す12番を襟裏に配置。30年の歴史とサポーターの願いを背負って、選手たちは戦います。さらにユニフォームの制作工程では、水を大量に使う染色工程を省くことで、水の使用量が85%、化学物質の排出量が90%、CO2の排出量が12%削減できるサステナブルなユニフォームになりました。
 

1994年にジェフのジュニアユースに加入し、ジェフのレジェンドである佐藤勇人氏は、「このユニフォームは、原点回帰をキーワードにJリーグ開幕当時のものを彷彿させるデザインです。初めてユニフォームデザイン制作に参加し、『クラブのカラーへのこだわり』について強く発言をさせていただき、本来のジェフのクラブカラーが採用されています」と今回のユニフォームに、懐かしさとともに新しさを感じると語りました。
 

■ジェフユナイテッド市原・千葉について
ジェフユナイテッド市原・千葉は、サッカーJ2リーグに所属するクラブチームで、千葉県市原市と千葉市がホームタウン。1946年創部の古河電気工業サッカー部を前身とする歴史あるクラブ。Jリーグには開幕時の1993年より加盟するオリジナル10のひとつ。チーム名はクラブとホームタウンの結びつきやチームの連帯を表す。クラブ30周年を迎えた2021年に、ジェフクラブアンセムを制定し、「フットボールの力で心をつなぎ セカイに彩を」を理念に活動する。
【OFFICIAL WEBSITE】https://jefunited.co.jp/

■ヒュンメルについて
デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” (スポーツを通して世界を変える)をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けています。
【OFFICIAL WEBSITE】http://hummel.co.jp
【OFFICIAL ONLINE STORE】https://www.sskstores.jp/hummel/sports/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供