不正アクセス容疑で逮捕状 中継サーバー代理店の中国籍男 

  • 0
  • LINEで送る

 他人のパスワードを変更する目的でインターネット接続サービス「OCN」のサイトに不正に接続したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は22日までに、不正アクセス禁止法違反の疑いで、中国籍で30代の男の逮捕状を取った。

 警視庁によると、男は中国から日本のインターネットに不正アクセスさせる「中継サーバー」の代理店になっていた。中継サーバーを経由すると利用者が特定されないため、中国の犯行グループはサイバー犯罪やサイバー攻撃に悪用している。

 逮捕状の容疑は2013年6月、愛媛県の男性ら3人のパスワードを変更する目的で、3人のID、パスワードで不正アクセスした疑い。