専松・猪爪先制2ラン 原は今大会初の完投 習志野、序盤に主導権 深田は無四球2失点 第97回全国高校野球千葉大会 第13日

  • LINEで送る

 第97回全国高校野球千葉大会第13日は24日、QVCマリンフィールドで準決勝2試合が行われた。

 専大松戸は、原が四球で出塁した二回、猪爪が先制の右越え2ランを放ち先制。六回に2死から三塁走者が冒頭でかえり貴重な1点を加えた。木更津総合は先頭の出た四回、檜村が右前打で1点を挙げたが、専大松戸のエース原の好投もあり、このほかは攻撃らしい攻撃ができなかった。

 習志野がこの試合でも初回に得点。二回には3連続内野安打など4安打で3点を挙げた。三回には二塁打の八木が生還し1点追加した。中央学院は八回、2長短打で2点を返したが、このほかは習志野・深田の無四死球ピッチングもあり、付けいる隙を見つけられなかった。

 最終日は26日同球場で専大松戸−習志野による決勝戦が行われる。