2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

お香など2製品「違法ドラッグ」 千葉県、摂取注意呼び掛け

 千葉県は6日、県内の業者がお香などとして販売していた計2製品が、薬事法で規制されている指定薬物を含む「違法ドラッグ」だったと発表した。これまで健康被害の報告はないが、興奮作用や幻覚などの症状が出る恐れがあり、県は摂取しないよう呼び掛けている。

 県薬務課によると、指定薬物が含まれていたのは粉末状のフレグランスパウダー「Laughing nose13」(0・52グラム、4800円)と、植物片のお香「LUNA Phantom」(3・1グラム、4200円)。

 同課が1~2月に店舗やインターネットサイトなどから55製品を購入し、県衛生研究所で分析。このうち2製品から覚せい剤や大麻に似た性質を持つ物質がそれぞれ検出された。両物質は4月5日に指定薬物とされたばかりで、同課は同日以降の販売の有無を詳しく調べている。

 販売していたのは船橋市と千葉市花見川区の業者で、同課は販売中止と自主回収を指示した。


  • LINEで送る