通学の足を“2人の始発駅”に いすみ鉄道で初の挙式 「アットホームで良かった」

  • LINEで送る

いすみ鉄道の貸切列車で結婚式を挙げ友人から祝福される新郎新婦
いすみ鉄道の貸切列車で結婚式を挙げ友人から祝福される新郎新婦

 いすみ鉄道(大多喜町)の貸切車両で18日、初の結婚式が行われた。いすみ市出身の新郎が「地元の仲間に囲まれ地元で祝いたい」と、県立大原高校時代に利用し愛着のある通学の足を“二人の始発駅”に選んだ。賛同した新婦とともに「アットホームな感じで良かった」と喜んだ。

 新郎新婦は、神奈川県横須賀市の海上自衛官、池田勝彦さん(38)と葉子さん(37)。池田さんは自衛官の白い礼服姿、葉子さんはウエディングドレス姿で、列車の端に机と椅子で設けた即席の高砂に登場。走行する車内で指輪交換とケーキ入刀を行い、シートに腰掛けた友人ら約50人から祝福を受けた。