記念乗車証明書を発行 来月、34年の歴史に幕 TDLのカーアトラクション

  • 0
  • LINEで送る

来年1月で終了するTDLのアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」に乗るともらえる乗車証明書(オリエンタルランド提供)
TDLのアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」

 浦安市舞浜の東京ディズニーランド(TDL)で、レーシングカーをイメージした乗り物を運転できるアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」が来年1月11日に約34年間の歴史に幕を閉じるのを前に、記念の乗車証明書を発行する「ファイナルラップ・キャンペーン」が始まった。

 同アトラクションは、1983年のランド開園当初からあり、これまでに日本の総人口を上回る約1億4千万人(今年9月末時点)が乗車した。同アトラクション跡地は、パークを運営するオリエンタルランド(同市)が計画するランド内のエリア「ファンタジーランド」の再開発用地として活用される。

 キャンペーン期間中、乗車した人には期間によってデザインが異なる2種類の乗車証明書を発行。はがきやワッペンバッジなどの関連グッズが登場するほか、チェッカーフラッグを手に写真撮影ができる。