命名権で7駅に愛称 年間830万円の収入増 銚子電鉄

  • LINEで送る

髪毛黒生(かみのけくろはえ)の愛称が付けられた銚子電鉄笠上黒生駅=1日、銚子市笠上町
髪毛黒生(かみのけくろはえ)の愛称が付けられた銚子電鉄笠上黒生駅=1日、銚子市笠上町

 銚子電鉄(銚子市、竹本勝紀社長)は1日、ネーミングライツ(命名権)販売で決まった7駅の駅名愛称を発表し、新しい駅名看板を設置して車内放送で案内を始めた。苦しい経営状況の改善に向けた新たな収入源確保の一環。契約は1年更新で、初年度は830万円の収入になる。

 遊技業者や土木工事会社、IT企業など県内外の6社が命名権を取得した。笠上黒生(かさがみくろはえ)駅はヘアケア商品を製造販売する都内の企業が購入。“くろはえ”にちなみ「髪毛(かみのけ)黒生」とユーモアあふれる愛称になった。毛髪に良いとされる昆布を使った記念入場券(150円)を作り、同駅で限定100枚販売している。

 犬吠埼灯台に近い犬吠駅は、知名度が低い一帯の温泉をアピールする「One Two Smile OTS犬吠埼温泉」に。霧の浜から転じたともされる君ケ浜駅は「ミストソリューション」と名付けられた。

 同電鉄を一躍有名にしたぬれ煎餅の生地を納入している市内の老舗米穀販売店は、西海鹿島駅を「三ツ星お米マイスター根本商店」にした。同店の根本吉規専務(38)は「銚電は子どもの頃から慣れ親しんだ電車で、銚子のアイデンティティー。走り続けてほしい」と話していた。

 命名権は銚子を除いた仲ノ町から外川までの全9駅で導入し、1駅80万~200万円で売却した。辞退などがあり本銚子駅と外川駅の愛称は決まらず、引き続きスポンサー企業を探す。

 同電鉄は変電所改修など今後も多額な経費が掛かる事業を控えている。命名権売却に竹本社長は「当社の窮状をご理解いただきありがたい。電車の存続、銚子や千葉の発展にみなさんと手を携えていきたい」と話した。