「空の駅」オープン 滑走路近くの展望公園に 成田市が整備、観光物産販売

地元の農産物や土産が並ぶ「さくら館」の物販スペース=26日、成田市駒井野
地元の農産物や土産が並ぶ「さくら館」の物販スペース=26日、成田市駒井野
入り口前でテープカットを行い、オープンを祝う成田市関係者
入り口前でテープカットを行い、オープンを祝う成田市関係者

 成田空港A滑走路を北側から望む成田市設置の展望公園施設「さくらの山」(同市駒井野)に26日、観光物産館「空の駅さくら館」がオープンした。地元の豊富な農産物や土産類を販売し、焼きたてパンを味わえる軽食スペースもある。

 さくらの山は、空港公団(当時)から土地を借りる契約を結んだ市が15年前に開設。桜の木が囲む高台から航空機の発着を間近で眺められるスポットとして徐々に認知度を高めてきた。

 同館は高台の下に、市が関連設備も含め約3億2千万円で整備。鉄骨平屋建ての約748平方メートルで、市内の観光情報コーナーを併設している。地元住民らで組織する「さくらの山管理企業組合」が指定管理者として運営を担当する。

 この日の開館式典で、同市の小泉一成市長は「空港周辺地域の観光拠点として、たくさんのお客さんに利用してもらいたい。地域住民が運営し、空港との共生や地域振興の象徴の取り組みになる」と期待。関係者がテープカットを行い、早速、多くの人でにぎわった。

 成田空港格安航空会社の就航先の沖縄や奄美大島の物産も扱っている。

◆あすから記念行事

 開館を記念し、現地であす28日に航空写真家のチャーリィ古庄さんとルーク・オザワさんのトークショーを午前11時から実施し、同日と翌29日には世界各国の料理が並ぶイベント「国際村」が行われる。さくらの山から撮影された航空機写真展も5月6日まで開催。

 駐車場は無料。バス路線はこれまでの京成成田駅前からのルートに加え、JR成田駅前、成田空港の旅客ターミナルとも結ばれた。

 同館は年中無休で、開館時間は午前9時~午後6時(11~3月は午後5時まで)。問い合わせは、電話0476(33)3309。


  • LINEで送る