ぷりぷりの食感楽しむ 御宿で「伊勢えび祭り」

「伊勢えび祭り」の開催をアピールする関係者=御宿町
「伊勢えび祭り」の開催をアピールする関係者=御宿町

 ぷりぷりの食感が楽しめる伊勢エビを町を挙げて売り込む「おんじゅく伊勢えび祭り」が御宿町で始まった。直売イベントの開催や各種料理の提供が内容。10月末まで。集客に弾みをつけるための「ビッグイベント」も21日と10月に予定している。

 今年で15回目。主催は町と町観光協会で、高級食材を産地ならではの割安価格で提供し、観光客を誘致するのが目的。

 同町では、今年8月に解禁した伊勢エビ漁の滑り出しが好調。年間では近年で最高となる水揚げ量14トンを見込んでいる。

 ビッグイベントは21日午前9時から、月の沙漠記念館前広場で開かれる。500キロ分の伊勢エビ(1匹は180~200グラム)を用意。1匹千円でつかみ捕りができる他、量り売り、サザエとのセット販売を実施。購入品は、その場でバーベキューで焼いて食べられる。濃厚な味わいの「伊勢えび汁」の無料配布もある。10月5日にも第2弾を実施する。

 直売イベントは、ビッグイベント以外の期間中の週末と祝日、同じ会場で開かれる。伊勢エビを食材にした各種料理の提供は22の飲食店や宿泊業者が参加。期間中、刺身や鬼殻焼きなどを振る舞う。

 石田義広町長は「地元の最高の食材を使っての町おこし。新鮮な食材、美しい自然、人情味あふれるおもてなしを全国にPRしたい」と期待を込める。

 問い合わせは同協会、電話0470(68)2414。


  • LINEで送る