やっさこまちが盛り上げ 浅井病院「はんてん木まつり」 東金

初夏の日差しの下、恒例の「はんてん木まつり」が開催された=18日、東金市の浅井病院
初夏の日差しの下、恒例の「はんてん木まつり」が開催された=18日、東金市の浅井病院

 東金市家徳の医療法人静和会「浅井病院」で18日、病院と地域住民が交流する「はんてん木まつり」が開催され約4600人が来場、イベントや模擬店で初夏の一日を楽しんだ。

 病院に対する理解を促進するためスタートした祭りも今年で29回目を迎えた。メーンステージは市立正気小学校鼓笛隊の演奏で幕開けし、病院関係者の司会で進行。今回初めて、ご当地アイドルの「YASSAComachi(やっさこまち)」が出演、ダンスとオリジナル曲を披露しながら会場を盛り上げた。

 ライブ後、リーダーの嶋田珠奈さん(16)は「お年寄りが笑顔でステージを見てくれてうれしかった。これからも東金のPRや活動を頑張っていきたい」と話した。ステージ脇には模擬店が並び、焼きそばやフランクフルトに来場者が列を作っていた。


  • LINEで送る