「スモールワールド」一新 TDR35周年イベント 昼のパレード充実 4月から

  • 0
  • LINEで送る

TDR35周年を記念し開催するパレード「ドリーミング・アップ!」のイメージ((c)Disney)
開園以来初めて大幅にリニューアルするアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のイメージ((c)Disney)

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC、浦安市)は18日、4月15日からスタートするTDR開業35周年記念イベント「Happiest Celebration!(ハピエスト・セレブレーション)」(~2019年3月25日)の詳細を発表した。東京ディズニーランド(TDL)の人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」を初めて大幅リニューアル。大勢のキャラクターが登場する新しい昼のパレードも開催する。

 今回の目玉の一つが、開園以降、長く愛されてきたアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のリニューアル。

 ボートで世界各国を巡る旅を出迎える仲間に、従来の子どもたちや動物のほか、「アナと雪の女王」のエルサやアナ、オラフをはじめ、「ふしぎの国のアリス」「シンデレラ」「ピーター・パン」などディズニー映画の人気キャラクター約40体が加わる。

 乗降場の壁面にはミッキー・ミニーマウスが描かれ、「長く親しまれてきたアトラクションに新たな魅力を加え、新たな体験を提供する」(OLC)。

 また、新しい昼のパレード「ドリーミング・アップ!」も開催。ペガサスをあしらった乗り物に乗ったミッキーとプルートが、観客を夢の世界へいざなう内容で、総勢約55人のキャラクターが登場する。

 東京ディズニーシー(TDS)でも、35周年を祝う特別な水上グリーティング「ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー」を実施。TDL・TDS合わせて約250種類の期間限定グッズも用意する。

 OLC担当者は「スペシャルな年だから、久しぶりに行ってみよう-というゲストも多いはず。キャストからゲストへ、これまで以上のハピネスを届けたい」と意気込んでいる。