ちばの選挙

<船橋市議補選>欠員1に過去最多11人出馬 異例の大人数での選挙戦に

欠員1議席を巡って11人が立候補し、11枚のポスターで埋まった船橋市議補選の掲示板(右)。市選管は18人分の掲示箇所を用意して準備した。同時実施の市長選の掲示板(左)は8人分の掲示箇所に対し立候補は3人=13日午後、船橋市内
欠員1議席を巡って11人が立候補し、11枚のポスターで埋まった船橋市議補選の掲示板(右)。市選管は18人分の掲示箇所を用意して準備した。同時実施の市長選の掲示板(左)は8人分の掲示箇所に対し立候補は3人=13日午後、船橋市内

 船橋市長選と同日程で行う船橋市議補選が13日に告示され、欠員1に対して午後5時の締め切りまでに、すべて新人の11人(男性9人、女性2人)が立候補を届け出た。同市議補選では2017年6月(欠員1)の6人出馬を上回って過去最多を更新。異例の大人数で争う。

 党派別の内訳は共産1人、諸派5人、無所属5人。今回の欠員は市議の死去で生じた。投開票は20日。

 諸派5人は、氏名を届け出た一方で選挙掲示板には候補者名を示さずに党派名のみを記すポスターを貼った。ポスター掲示責任者名などから、諸派5人は「古い政党から国民を守る党(旧NHKから国民を守る党)」の関係者とみられる。

 市選管によると、今回の選挙で、候補者名を書かずに党派名だけを書いた場合、無効票扱いとなる。


  • LINEで送る