ちばの選挙

千葉市の熊谷市長、退職届を提出 3月3日辞職へ【’21知事選】

千葉市議会の岩井議長に退職届を提出する熊谷市長=1日午前、市役所
千葉市議会の岩井議長に退職届を提出する熊谷市長=1日午前、市役所
退職届の提出後、報道陣の取材に応じる熊谷市長=1日午前、市役所
退職届の提出後、報道陣の取材に応じる熊谷市長=1日午前、市役所

 千葉県知事選(3月4日告示、同21日投票)への出馬を表明している千葉市の熊谷俊人市長(42)は1日、告示前日の3月3日を退職日とする退職届を市議会の岩井雅夫議長に提出した。岩井議長は受理し、市選挙管理委員会に通知した。

 熊谷市長は提出後、報道陣に「12年間近く千葉市長の仕事に感謝と誇りを持って精励してきた。職を離れる日が決まって寂しい気持ちもあるが、新しい形で千葉に責任を持つために退職届を出した」と説明。「ぎりぎりまで新型コロナウイルス対策を含め職責を果たしたい」と述べた。

 熊谷市長は同市議を経て、2009年6月の市長選で初当選。31歳での市長就任は当時の全国最年少だった。3期目で、政令指定都市の市長としては現在も最年少。

 市選管は2日に臨時会を開き市長選の日程を正式に決めるが、知事選と同日になる見通し。議員の死去に伴う同市議若葉区補選も市長選と併せて行われる。


  • LINEで送る