ちばの選挙

千葉市長選立候補者の横顔 (上から届け出順)

◆制度のはざまに支援を 神谷俊一氏(47)無新

 「国や県の制度のはざまで支援を受けられない人がいる。そうした人に支援を届けるのが市民生活に一番近い市役所の仕事」。5年間、副市長などを務めた経験を生かそうと立候補した。「市役所をきめ細やかなサービスができるセーフティーネットにしなければ」と強く訴える。
【残り 1374文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る