ちばの選挙

袖ケ浦市長に粕谷氏 新人三つどもえ制す

粕谷智浩氏
粕谷智浩氏

 袖ケ浦市長選は10日投開票され、いずれも元市議で無所属新人による三つどもえ戦の結果、粕谷智浩氏(43)=自民、公明推薦=が、福原孝彦氏(63)と塚本幸子氏(57)を破り、初当選を果たした。投票率は過去最低の47・33%で前回市長選(48・30%)を0・97ポイント下回った。当日有権者数は5万2343人(男2万6427人、女2万5916人)。

 市議2期目の途中で立候補した粕谷氏は「まちづくりが区切りを迎える。次の夢をつくり、実現に向けて行動する」と主張。子育て世代である自らの若さをアピールしながら支持を広げた。

 前回に続く挑戦となった福原氏は、農業再建や人口7万5千人都市の実現を掲げたが、票をまとめきれなかった。

 引退する出口清市長(73)の後継として出馬した塚本氏は、女性の視点での防災対策や子育て支援を訴えたが、及ばなかった。

 同時に行われた市議補選(欠員3)は、元職1、新人2の新議員が決定。投票率は47・30%だった。

◆袖ケ浦市長選開票結果

当 9755 粕谷智浩 43 無新(1) =自公推薦=
  7495 福原孝彦 63 無新
  7175 塚本幸子 57 無新

◇粕谷氏略歴 家電販売会社員(元)市議、千葉県商工会青年部連合会理事、市商工会理事、神奈川大大学院工学研究科修了。福王台。

◆袖ケ浦市議補選開票結果(欠員3―立候補4)=選管確定=

当7811伊藤  啓 54無新(1)
当7254村田  稔 66無元(2)
当4571湯浅  栄 66無新(1)
 2355寺地 直人 65無新


  • LINEで送る