ちばの選挙

旧庁舎跡地活用は 検討委と解体、同時進行 【習志野市の課題 4・21市長選へ】

 公共施設の再生を進める習志野市。対象施設の一つの旧市庁舎は、本年度から解体が予定されており、約1万平方メートルの跡地活用の検討も始まった。アクセスに恵まれ「潜在能力の高い」跡地は市民の大切な財産、その利用には丁寧な説明による住 ・・・

【残り 1017文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る