ちばの選挙

君津市長選立候補者の横顔(上から届け出順)

◆若者が住み続ける町へ 渡辺吉郎氏(61)無新=自公推薦=

 2017年3月まで37年間、県庁職員として行政経験を積んできた。退職後は、県産業振興センター理事長を務めた。現職の鈴木洋邦市長から後継候補として出馬を打診され、生まれ育った君津市の活性化に役立ちたいと一念発起した。

 県職員時代は、私立 ・・・

【残り 1354文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る