ちばの選挙

豊田市長が出馬表明 「地方の声、国政に届ける」 ちば参院選

 夏の参院選千葉選挙区(改選数3)に自民党公認で出馬する方針を固めている八千代市長の豊田俊郎氏(60)は10日、同市役所で会見し、今月30日で市長を辞職することを明らかにした。参院選に向けては「県議、市長の経験を生かし、地方の声を国政に届ける。必ず当選する」と述べ、出馬を正式に表明した。

 国政を目指す理由について「地方行政を預かる身として国の関与、機能が今ひとつと感じていた。県内の首長で参院議員になった者はいない。代表として名乗りを上げた」などと説明した。


  • LINEで送る