ちばの選挙

富津市長に佐久間氏 防災施設整備で支持拡大 3選

 任期満了に伴う富津市長選は30日投票が行われ、即日開票の結果、現職の佐久間清治氏(66)=自民・公明推薦=が、新人で公認会計士の地引直輝氏(32)を破り、3選を果たした。

 佐久間氏は現職の強みを生かし、自民・公明両党をはじめ近隣市長、漁業組合、医師会、建設業界など幅広い団体から支持を取り付け、組織戦を展開。防災施設の整備や自主防災組織の設立支援を通した「安全安心なまちづくり」、浅間山砂利採取場跡地を活用した雇用創出などを掲げ、支持を広めた。

 地引氏は既存組織に頼らず、ボランティアを中心に草の根運動を展開したが、出馬表明の遅れや知名度不足などが響いた。

富津市長選開票結果 =選管確定=
13004 佐久間清治 66 無現(3)自民・公明推薦
  10040 地引 直輝 32 無新

 


  • LINEで送る