ちばの選挙

白子14町議、顔ぶれ決まる 投票率は過去最低74・21%

 任期満了に伴う白子町議選(定数14)は20日、投開票の結果、14人の新町議の顔ぶれが決まった。投票率は74・21%で、8年前の前回80・04%(4年前は無投票)を5・83ポイント下回り、過去最低となった。

 当選したのは現職11、新人3。党派別では公明1、共産1、無所属12。

 公明党新人の東海林東治氏(60)が組織票をバックにトップ当選したのに続き、2位の得票で今井信夫氏(67)が最多の8回目当選を果たした。一方で、5回目当選を目指した斉藤鉄也氏(64)は僅差で落選した。

白子町議選開票結果(定数14-立候補16)=選管確定=
756 東海林東治 60 公新(1)
728 今井信夫 67 無現(8)
635 大多和秀一 58 無現(5)
621 板倉正道 62 無現(4)
607 酒井良信 60 無現(2)
537 宗島理仁 26 無新(1)
535 大多和正之 40 無現(4)
513 市川隆子 60 共現(6)
451 河野 豊 61 無現(5)
450 梅沢哲夫 60 無新(1)
393 斉藤豊彦 65 無現(3)
382 今関勝巳 54 無現(3)
352 北田頼光 69 無現(4)
310 三橋昌好 64 無現(4)
  309 斉藤鉄也 64 無現
  251 長島義明 60 無新

  • LINEで送る