ちばの選挙

現職に2新人挑む あす告示、館山市長選

 任期満了に伴う館山市長選があす7日告示され、14日投開票される。現職の金丸謙一氏(61)と元東京都中野区副区長の石神正義氏(62)、元市職員の五十嵐正氏(65)が立候補を表明しており、4年前の前回選挙同様、現職に2新人が挑む三つどもえの争いが確実視されている。

 金丸氏は6月15日の市議会で「施策の種をまいてきた。ようやく芽が出てきたものもあり、これら施策を育てていく責務を痛感している」と再選出馬を表明。

 石神氏は6月16日に記者会見を開き「長い行政経験を生かし館山を立て直したい。持続可能な財政運営で、着実な安定成長を果たす」と立候補を表明した。

 五十嵐氏は10月8日の立候補予定者説明会に出席。「市民の憩いの場である城山公園のクジャク園を仕分けするような財政を立て直したい」と意欲を語った。


  • LINEで送る