「原発技術の強化は不可欠」 日立英撤退で官房長官

  • LINEで送る

記者会見する菅官房長官=18日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、日立製作所が英国での原発新設計画から事実上撤退したことを受け、「安全運転や東京電力福島第1原発事故の収束を実現するためにも、人材、技術、産業基盤の維持、強化は不可欠だ」と改めて強調した。

 日立の撤退により、日本企業が海外で手がける案件はなくなり、政府が目指してきた原発輸出は頓挫した。政府は技術の維持のためにも輸出が必要だとしてきたが、菅氏は「どのような方策で維持、強化を実現するかは経済産業省がしっかり検討する」と述べた。