暴力団員に捜査情報漏えい 警視庁女性巡査を書類送検 

  • LINEで送る

警視庁

 暴力団組員と交際し捜査情報を漏らしたとして警視庁は19日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、新宿署留置管理課の女性巡査(23)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で依願退職した。

 警視庁によると昨年12月中旬、新宿署内で携帯電話を使い、30代の組員の男が捜査対象となっている事件について罪名や捜査の進捗状況などを漏らした。

 巡査は同署組織犯罪対策課に勤務していた昨年10月下旬、仕事で組員に公用の携帯電話から連絡。同11月から何度もデートに誘われ、同月下旬に初めて食事し交際を始めた。