ニセモノに意味あり 歴博教授西谷大氏歴史刻む逸品紹介 千葉政経懇4月例会

千葉政経懇話会4月例会で講演する西谷大氏=9日午後、千葉市内のホテル
千葉政経懇話会4月例会で講演する西谷大氏=9日午後、千葉市内のホテル

 千葉政経懇話会4月例会は9日、千葉市中央区の三井ガーデンホテル千葉で開かれ、国立歴史民俗博物館研究部考古学系教授の西谷大氏が「大ニセモノ博覧会裏話」と題し講演、展示構成と狙いを明かした。

 死んでしまった小さめの猿と、大きめのシャケの尾を接合し40日間乾燥。同館(佐倉市)で開催中の大ニセモノ博覧会(5月6日まで)の目玉『人魚のミイラ』の作り方だという。

 江戸期の終わり、見せ物小屋などで人気を博し、欧米への輸出商品になった。展示品のミイラは伝統技術にのっとり昨年作られたもので、「まさに新鮮なミイラ」と笑いを誘う。

 国立博物館としては異彩を放つ企画展。賛否はあるが、「ニセモノがなぜ生まれたか。そこには時代との関係性、人々の欲望や切なる思いがある」と意味を強調する。

 偽酒などのフェイクに始まり、年貢米を逃れるための偽文書、安南陶器や通貨、書画のコピーまで多岐にわたる展示品に「役人までもだます、したたかさ」が垣間見える。

 こだわったのは「まじめ、堅い、暗い」イメージの博物館を、子どもの頃に感じた「わくわくするワンダーランド」にすること。近世史や考古、民俗、社会人類学など専門が異なるチームが生み出した展示場は自慢だ。

 「金銭的価値がないと分かると捨てられてしまうようになった」と、テレビの某鑑定番組の影響をチクリ。むしろ「ニセモノにこそ地域の歴史、家の歴史が刻まれている」と訴える。

 真贋(しんがん)ばかりにこだわらず、家庭に眠る“お宝”の大切さを感じさせてくれる企画展。講師の問いかけはシンプルだ。「皆さんの家にもありませんか」-。


  • LINEで送る