千葉県「犬逃げすぎ問題」が話題 チーバくんの“関連性”疑う声も 【急上昇ニュースのウラ】

千葉県で大型犬逃亡のニュースが相次ぎ、チーバくんの“関連性”を疑う声も
千葉県で大型犬逃亡のニュースが相次ぎ、チーバくんの“関連性”を疑う声も

 千葉県木更津市で大型犬のドーベルマン4頭が逃げ出したというニュース。無事、確保され事なきを得ましたが、今月初めにも市川市で大型犬のピットブルが逃走・確保されるニュースがあったことから、「千葉県、犬逃げすぎでしょ」と大きな話題になっています。さらには、県マスコット「チーバくん」との“関連性”を疑う声も。ネットの声をまとめました。(デジタル編集部)

 ドーベルマンが逃げ出したと保健所に通報があったのは22日夕方。付近の住民が飼っていた成犬1頭と幼犬3頭で、警察官20人体制で捜索する一方、木更津市や君津市が防災メールで市民に注意喚起するなど地元は騒然としましたが、深夜に確保されました。

 「千葉県って犬逃げすぎでしょ」「今度はドーベルマンw」「千葉の犬界隈で暴動を起こす計画でもあるの?」

 ネット上では「千葉の犬逃げすぎ問題」を指摘する声が相次ぎました。

 実は今月6日にも市川市で、動物病院の敷地内からピットブルが逃げ出したばかり。翌日朝に無事確保されましたが、体重40キロ以上の「闘犬」の逃走とあって全国から注目の的に。偶然とは言え、同じ県で月2回も大型犬の逃走がニュースになるのは珍しく、多くの人の印象に残る出来事となったようです。

 また、こんな声も。

 「トラとかピットブルとかドーベルマンとか、千葉県は猛獣が逃げ出す事件が多いよな」

 「君津市の寺からトラが逃げ出して射殺された事件もあったな」

 君津市では1979(昭和54)年、寺が飼っていたトラ2頭がおりから脱走し、射殺されるまでの約1カ月にわたって大騒動に。相次ぐ危険な動物の逃亡に、当時を連想した人も少なくないかもしれません。

 一方で、こんな「想像」も広がっています。

 「チーバくんが犬なばっかりに…」「もしかしてチーバくんが黒幕か!?」「チーバくんが人間に反旗を翻してる?」

 単なる「ネタ」でしかありませんが、千葉県で犬逃亡のニュースが続いていることに、チーバくんとの何らかの“因縁”を感じる人も少なくないようです。

 また、「千葉県民ちゃんと犬はしつけして チーバくんが嘆くで」と、チーバくんに同情する声も。

 なお、あくまでチーバくんは「不思議ないきもの」。けっして犬ではないことは、声を大にして言っておきます。


  • LINEで送る