【速報】14日から逃走中のオオカミ犬捕獲 南房総市の畑で 飼い主男性「迷惑掛け申し訳ない」

捕獲された雌のオオカミ犬=17日正午、南房総市和田町松田
捕獲された雌のオオカミ犬=17日正午、南房総市和田町松田
捕獲された雌のオオカミ犬=17日正午、南房総市和田町松田
捕獲された雌のオオカミ犬=17日正午、南房総市和田町松田

 14日に千葉県南房総市和田町海発の住宅から脱走した雌のオオカミ犬が17日、同市和田町松田地先のトウモロコシ畑で捕獲された。付近を捜索していた安房保健所職員が見つけ、飼い主の60代男性に引き渡した。けが人はいなかった。

 館山署によると、午前8時10分ごろ、地域住民からオオカミ犬の目撃情報があり、同保健所や市と連携して捜索。同11時25分ごろ、トウモロコシ畑にいた体長約75センチのオオカミ犬を見つけ、縄などを使って捕獲した。16日にも畑近くのJR内房線南三原駅周辺で目撃情報が相次いでいた。

 飼い主の男性によると、オオカミ犬は普段から庭で運動させており、施錠をしていた。今回逃げた犬は以前も脱走したことがあるものの、翌日には戻ってきていたという。

 男性はどこから逃げ出したのかは「分からない」としつつ「あの子は運動神経が良く、猿のように登ることができる。人の匂いで興奮して戻れなかったのかも…」と分析。「これから家を点検して補修する。迷惑を掛け、申し訳ない」と疲れ切った様子で語った。

 近くに住む女性は「この3日間、怖くて家から出られなかった。捕まって良かった。今後はしっかりと管理してほしい」とほっとした表情を浮かべた。


  • LINEで送る