【新型コロナ詳報】千葉県内2人死亡、2760人感染 4日連続最多更新 保育所や大学などクラスター6件

新型コロナ関連情報
新型コロナ関連情報

 千葉県内で24日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と、2760人の感染が新たに判明した。前日の2382人を上回り、4日連続で過去最多を更新した。保育所や大学などで6件の新規クラスター(感染者集団)が確認された。

 県は40代男性と90代以上女性の死亡と、1843人の感染を発表した。男性は1月中旬に陽性となり自宅療養していた。20日に本人や同居家族と連絡が取れなくなり、家族と連絡できた21日に男性の容体が悪化。同日、搬送先の医療機関で死亡が確認された。死亡後にデルタ株の疑いがあることが判明した。基礎疾患やワクチンの接種歴はなかった。

 野田市の花輪保育所で園児9人、同市の木間ケ瀬保育所では園児ら13人のクラスターを確認。市川市では三つのクラスターが分かり、児童福祉施設「放課後等デイサービスなないろ」で職員ら8人、千葉商科大学で学生10人、児童福祉施設「社会福祉法人春濤会 八幡学園」でも入所者ら7人のクラスターとなった。

 千葉市は、感染者が過去最多となる564人判明したと発表した。同市の新規感染者は、3日連続で過去最多を更新。いずれも軽症か無症状。

 船橋市は、243人の感染を発表した。23日と比べ、14人増。重症者はいない。年齢層別では20代が53人で最も多い。職員のクラスターが確認されている船橋市役所分庁舎の生活支援課では新たに職員3人の感染が分かり、感染は計24人に増えた。同市の他の部署でも新たに職員4人の感染が判明した。

 柏市は、110人の感染を発表した。軽症99人、中等症2人、無症状9人。ワクチンを2回接種済みは半数の55人。60代前半の女性1人は3回接種済みだった。県立柏南高校で生徒5人の感染が判明しクラスターとなった。複数の学級に所属。いずれも学級閉鎖となった。濃厚接触者の有無を調査中。

 24日に感染が判明した人の居住地は、千葉市542人▽松戸市422人▽船橋市254人▽市川市197人▽流山市167人▽我孫子市115人▽柏市113人▽市原市101人▽佐倉市91人▽木更津市58人▽浦安市56人▽香取市54人▽印西市49人▽野田市47人▽四街道市、白井市が各44人▽袖ケ浦市40人▽君津市36人▽鎌ケ谷市34人▽習志野市33人▽八千代市26人▽東金市23人▽茂原市20人▽大網白里市18人▽富津市14人▽山武市、いすみ市が各13人▽八街市、横芝光町、一宮町が各9人▽銚子市、多古町が各8人▽勝浦市7人▽館山市、匝瑳市、東庄町、栄町が各6人▽南房総市、旭市が各5人▽成田市、芝山町、御宿町が各4人▽鴨川市、酒々井町、神崎町、白子町、睦沢町が各2人▽富里市、九十九里町、長柄町が各1人▽県外が27人だった。


  • LINEで送る