放火殺人の疑いで母親逮捕 夫と息子死亡の旭住宅火災

2人が死亡した住宅火災の現場付近=17日、旭市三川
2人が死亡した住宅火災の現場付近=17日、旭市三川

 旭市三川の木造2階建て住宅が焼け2人が死亡した火災で、県警は18日、自宅に放火し2人を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の疑いでこの家に住む大橋とし子容疑者(65)を逮捕した。死亡したのは大橋容疑者の夫の芳男さん(67)と息子の芳人さん(32)と判明した。とし子容疑者は自宅に火を付けたことは認めているが、容疑の一部を否認している。

 火災は17日午前6時半ごろ発生。火は住宅の一部を焼き約1時間後に消し止められたが、焼け跡から芳男さんの遺体が見つかり、芳人さんも搬送先の病院で死亡が確認された。死因は芳男さんが焼死、芳人さんは一酸化炭素中毒の疑い。とし子容疑者も病院に運ばれた。県警は現場の状況などからとし子容疑者が出火の経緯を詳しく知っているとみて、事情を聴いたところ、放火を認める供述を始めたという。

 県警などによると、芳人さんは重度の障害があり寝たきり状態で、芳男さんも病気でほぼ寝たきりだった。とし子容疑者も障害があったが、1人で2人の介護をしていたらしい。県警は無理心中を図った可能性も視野に、詳しい動機を調べる。

 現場はJR飯岡駅から南に約2・4キロの住宅街。


  • LINEで送る