旭市の2階建て住宅で火災 2人死亡1人けが 近隣女性「『ボン』というすごい音がした」

2人が死亡した住宅火災の現場付近=17日、旭市三川
2人が死亡した住宅火災の現場付近=17日、旭市三川

 17日朝、旭市内で住宅の一部が焼ける火事があり、2人が死亡し1人がけがを負った。銚子市内でも住宅火災があり高齢男女が軽傷。消防関係者は「これから気温が下がり、乾燥する季節になる。火の元に注意を」と呼び掛けている。

 同日午前6時半ごろ、旭市三川の住宅から出火した。火は約1時間後に消し止められたが、焼け跡から性別不明の遺体が見つかったほか、男女が病院に運ばれ、男性の死亡が確認された。女性もけがを負ったが、命に別条はないという。旭署は身元と出火原因を調べている。

 同署や市消防本部によると、この住宅には60代の夫婦と30代の息子が住んでいた。死亡したのは夫と息子とみて確認している。近隣男性から「建物が燃えている」と119番通報があった。

 現場はJR飯岡駅から南に約2・4キロの住宅街。近くに住む女性は「『ボン』というすごい音がしたので事故かと思って外に出たら、煙が上がっていた。近づくと炎も見えたので、寝ている家族を急いで起こした」と驚いた様子で振り返った。


  • LINEで送る