「飼い猫のアイス枕を交換するため」公用車で自宅へ 計10回、勤務中にも 柏市職員を戒告処分

柏市役所
柏市役所

 飼い猫の面倒を見るため公用車を私的に利用したとして、柏市は26日、水道部配水課主任の男性職員(57)を戒告の懲戒処分にした。

 市によると、職員は6月中旬~7月末、飼い猫の世話をするため、昼休みに公用車を使って計10回自宅に戻った。このうち3回は昼の休憩時間よりも前に職場を離れた。自宅に戻った際は自宅前の民間駐車場に無断で駐車した。

 公用車はワンボックス型の軽自動車。屋外の作業担当の職員が主に使用していた。民間駐車場の利用者が「水道部の車が止まっている」と市に問い合わせ発覚。職員は事実を認め「暑さ対策で猫用のアイス枕を交換するために戻った。徒歩では時間がかかり、暑さもある」と説明しているという。

 上司の配水課長(57)は管理監督責任で文書注意とした。


  • LINEで送る