【新型コロナ詳報】千葉県内1人死亡、9人感染 1年3カ月ぶり1桁台に

 千葉県内で16日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と、9人の感染が新たに判明した。一日の感染者数が10人を下回るのは昨年7月6日以来、約1年3カ月ぶり。県内での累計感染者は10万169人に増えた。

 県は、60代男性の死亡と、20代~40代の計3人の感染を発表した。亡くなった男性は、9月上旬に発熱などの症状を訴え、検査で陽性が判明。県内の医療機関で人工呼吸器やECMO(人工心肺装置)を使用し治療を受けていた。循環器系の基礎疾患があり、死因は肺線維症。ワクチンの接種歴はなかった。

 船橋市は、40代男性1人の感染を発表した。男性はクラスター(感染者集団)が発生していた市内の物流倉庫事業所「泉南船橋営業所」の従業員だった。同事業所の感染者は計9人に増えた。

 千葉市は、10歳未満から70代の計5人の感染を発表。いずれも軽症か無症状だった。

 柏市は新規感染者の発表がなかった。

 16日に感染が判明した人の居住地は、千葉市5人▽市川市と四街道市が各1人▽県外が2人だった。


  • LINEで送る