台風16号千葉県内に猛威 千葉・稲毛区など1万5000軒停電 交通乱れ、銚子で最大風速41・8メートル

倒木が道をふさぎ一時通行止めになった勝浦市新戸の国道297号=1日午後3時38分
倒木が道をふさぎ一時通行止めになった勝浦市新戸の国道297号=1日午後3時38分
強風で倒れ道路をふさいだ木を切る千葉市消防局職員=1日午後5時10分ごろ、千葉市若葉区野呂町
強風で倒れ道路をふさいだ木を切る千葉市消防局職員=1日午後5時10分ごろ、千葉市若葉区野呂町

 台風16号が千葉県に最接近した1日、県内は太平洋沿岸を中心に激しい風雨に見舞われ、県内各地で停電が発生した。同日午後9時現在で千葉市稲毛区などで1万5千軒余りが停電しており、市民生活に大きな影響が出た。JRも外房線の一部区間などで計画運休を実施したほか、計画運休以外の区間でも一時運転を見合わせた。東京湾アクアラインの通行止めも続くなど、交通網が大きく乱れた。

 銚子地方気象台によると、勝浦市で1時間に39ミリの雨を記録。大多喜町で31ミリ、銚子市でも28ミリの激しい雨が降った。風も強く、銚子市で午後4時55分ごろに最大瞬間風速41・8メートルを観測。館山市で28メートル、勝浦市で26・3メートルの風が吹いた。

 東京電力パワーグリッド千葉総支社によると、同日午後9時現在でも16市町で停電。千葉市稲毛区が最も多く約4350軒で、市原市約2500軒、匝瑳市約1780軒、銚子市約1330軒となっている。同支社は復旧を急ぐとともに原因を調査。強風で切れた電線に近づかないよう呼び掛けている。

 交通も乱れた。JR千葉支社は同日午後、内房線、外房線、総武本線、成田線の一部区間と鹿島線、久留里線の全線で計画運休を実施。その他、内房線君津-館山間の上下線で一時運転を見合わせた。鹿島線全線と外房線、総武本線、成田線の一部区間の運転再開は2日昼頃を見込んでいる。

 銚子電鉄(銚子市)は1日、午後0時20分銚子発外川行き以降の運転を終日取りやめた。2日の上下線の始発も運休。設備点検などを行い安全確認後に運転再開する。同社はホームページやSNSで最新情報を発信する。

 NEXCO東日本によると、大雨の影響で、東京湾アクアラインのほか、圏央道茂原長南インターチェンジ-市原鶴舞インターチェンジの内外回りでも一時通行止めになった。

 富津市金谷と横須賀市久里浜を結ぶ東京湾フェリーは終日欠航となった。


  • LINEで送る