千葉県内あすにかけ大雨 台風14号 土砂災害に厳重警戒を

イメージ
イメージ

 台風14号は17日、九州北部に上陸して西日本を横断、東日本に向かう見通しとなった。次第に温帯低気圧の性質を帯びるため、広い範囲で大雨や強風の恐れがあり、気象庁は土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。県内では全域で18日朝から雷を伴った激しい雨が降り、19日にかけて大雨になる見込み。

 気象庁によると、台風は17日午後7時現在、九州、中国、四国を風速15メートル以上の強風域に巻き込み、福津市付近を時速約30キロで東北東へ進んだ。中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。

 銚子地方気象台によると、千葉県内で18日に予想される1時間降水量は多いところで30ミリ。同日午後6時からの24時間降水量は100~150ミリ。発達した雨雲が停滞した場合は警報級の大雨となる可能性があり、同気象台は低い土地の浸水などにも警戒するよう促している。

 県内では18日昼前から海上を中心に強い風が吹き、最大瞬間風速は北西部で25メートル、北東部、南部で30メートルと予想。竜巻や突風、落雷にも注意が必要という。


  • LINEで送る