【新型コロナ詳報】千葉県内106人感染、2人死亡 松戸の2施設でクラスター

千葉日報 新型コロナ情報
千葉日報 新型コロナ情報

 千葉県内で26日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と、106人の感染が新たに判明した。松戸市内の高齢者施設で2件の新規クラスター(感染者集団)が確認された。県内での累計感染者は9万9240人に増えた。

 県は、80代女性の死亡と、10歳未満~80代の73人の感染を発表した。亡くなった女性は生活習慣病や循環器系の基礎疾患があった。

 松戸市では、2施設で新たなクラスターが発生した。サービス付き高齢者向け住宅「ホームステーションらいふ松戸八柱」で職員5人と入居者13人、介護老人保健施設「シルバーケア松戸」では、職員1人と入所者5人の感染がそれぞれ確認された。

 柏市は、市内居住の70代女性の死亡と、10歳未満~30代の8人の感染を発表した。亡くなった女性は高血圧の基礎疾患があった。

 千葉市は、10歳未満~80代の18人の感染を発表した。市内居住の80代女性が中等症という。

 船橋市は、20代~70代の7人の感染を発表した。

 26日に感染が判明した人の居住地は、市川市16人▽千葉市11人▽市原市10人▽柏市9人▽船橋市8人▽松戸市、佐倉市が各6人▽八千代市5人▽浦安市、習志野市、野田市、成田市が各4人▽流山市、鎌ケ谷市、富里市、東金市、銚子市が各2人▽八街市、茂原市、大網白里市、旭市、鴨川市、睦沢町が各1人▽県外2人▽海外1人だった。


  • LINEで送る