オオカミ犬逃走 南房総、30人で捜索

 南房総市白子で14日午後7時20分ごろ、「大型犬がうろついている」と110番通報があった。大型犬は、犬とオオカミを掛け合わせたオオカミ犬の雑種で、約800メートル離れた同市和田町海発の住宅から脱走した。館山署などが捜索している。けが人の情報はない。

 同署によると、犬は体長約75センチ、体重約35~45キロで焦茶色。メスで首輪をしていない。飼い主の60代男性は同日午後5時半ごろ、犬がいなくなったことに気付いたが、これまでにも逃げたことがあり、翌日には帰ってきていたため探していなかった。フェンス内のゲージで飼育していた。

 同署や市は16日朝、約30人態勢で捜索を再開。犬を発見したが、竹やぶに逃げ込んだという。


  • LINEで送る