船橋市役所で初のクラスター 同じ階の職員18人判明 新型コロナ

船橋市役所
船橋市役所

 船橋市は3日、市役所本庁舎(同市湊町)3階の子育て支援部の三つの課で、7月31日以降に職員計18人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。感染経路は特定されていないが、職場でのクラスター(感染者集団)と判断した。全員、軽症か無症状。窓口での市民対応業務はあったが、マスク着用や仕切り板設置などの感染対策を取っており、来庁者に濃厚接触者はいないとしている。

 市によると、三つの課は隣接。うち、地域子育て支援課で10人、保育認定課で6人、子ども政策課で2人の感染が分かった。三つの課の全職員をPCR検査する。地域子育て支援課は陰性の職員を含めて全員の出勤を見合わせ。テレワークや以前所属した別部署の職員で業務をカバーする。

 同市役所でのクラスターは初めて。休憩中も含め、感染が広がるような行為は確認されていない。変異株かどうかの検査も進める。


  • LINEで送る