【新型コロナ詳報】千葉県内100人感染、クラスター2施設で増 変異株は新たに84人

千葉日報 新型コロナ情報
千葉日報 新型コロナ情報

 千葉県内で29日、新たに100人の新型コロナウイルス感染が分かった。累計感染者は3万6965人に増えた。変異株では、過去2番目の多さとなる84人の陽性が確認された。

 県疾病対策課によると、クラスター(感染者集団)が発生している成田市の接待飲食店「EL―NIDO(エルニド)」では従業員1人の感染が分かり、計11人となった。従業員や利用客計20人を検査した。

 浦安市の鉄鋼業「ニッコー」でも新たに職員5人の感染が判明し、計10人のクラスターとなった。職員約40人の検査が終了し、健康観察を進めている。

 このほか、20代の男女2人を含む5人の症状がやや重い。肺炎症状などが見られ、いずれも入院中だという。
 船橋市は同日、変異株の独自検査をした4人全員が陽性だったと発表。いずれも「英国株」と確認された。

 29日に県内で感染が判明した人の居住地は、千葉市18人▽船橋市13人▽松戸市11人▽市川市9人▽柏市7人▽浦安市と習志野市が各5人▽八千代市と野田市が各4人▽成田市と袖ケ浦市が各3人▽流山市、木更津市、いすみ市、栄町が各2人▽我孫子市、佐倉市、四街道市、茂原市、君津市、銚子市、館山市、鴨川市、鋸南町が各1人▽県外1人だった。


  • LINEで送る