【新型コロナ詳報】千葉県内99人感染、3人死亡 大学や高校でクラスター

 千葉県内で25日、新型コロナウイルスに感染した3人の死亡と、10歳未満から90代以上までの99人の感染が判明した。一日の感染者数が100人を下回るのは3日連続。印西市の順天堂大学さくらキャンパスなど3施設でクラスター(感染者集団)が確認された。

 県は60代~80代の男女3人の死亡を発表。いずれも医療機関に入院し、酸素投与を受けるなどしていたが、状態が改善されなかった。

 順天堂大学さくらキャンパスではこれまでに、同じ運動部に所属する学生8人の感染が確認され、クラスターと認定。ほかには松戸市の県立小金高校で同じ部活動の生徒5人、富津市の高齢者施設「デイサービスなべさん家」では利用者ら6人の感染が分かり、それぞれクラスターとなった。

 併せて発表した新たな感染者69人のうち、富里市の50代女性が重症。70、80代の男女3人の症状もやや重い。これまでに判明している感染者への変異株検査では28人が陽性となった。

 船橋市は13人の感染を発表。20代と30代の各1人の呼吸器症状がやや重い。同市の変異株独自検査は1人が対象となり、陽性で「英国株」と判別された。

 千葉市は9人、柏市は8人の感染をそれぞれ発表した。

 25日に県内で感染が判明した人の居住地は、市川市15人▽船橋市12人▽千葉市8人▽柏市7人▽八千代市6人▽浦安市、富津市が各5人▽習志野市、山武市が各4人▽松戸市、市原市、野田市が各3人▽成田市、印西市、白井市が各2人▽我孫子市、佐倉市、木更津市、富里市、君津市、大網白里市、東金市、酒々井町、旭市、栄町が各1人▽県外6人▽海外2人だった。


  • LINEで送る