「飲食店で酒を飲み…」 木更津消防職員を逮捕 酒酔い運転の疑い

千葉日報オンライン
千葉日報オンライン

 木更津署は11日までに、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで木更津市消防署警防隊の主幹、鴇田英成容疑者(50)=袖ケ浦市のぞみ野=を逮捕した。

 逮捕容疑は10日午後10時半ごろ、袖ケ浦市蔵波の市道で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、住宅のブロック塀に衝突する単独事故を起こし、駆け付けた警察官が飲酒検知して発覚した。容疑を認めている。「飲食店で酒を飲み、帰ろうとしたところだった」と説明しており、同署は飲酒した状況などを調べる。

 木更津市消防本部の高岡禎暢消防長は「犯してはならない飲酒運転の不祥事が判明し、誠に申し訳ない。法令順守の徹底、綱紀粛正を図り、信頼回復に努める」とコメントした。


  • LINEで送る