飲酒運転で乗用車に衝突 中学生重体 危険運転容疑で男逮捕 木更津 【千葉県内交通事故相次ぐ】

 酒酔い状態で乗用車同士の事故を起こし父子3人に重軽傷を負わせたとして、木更津署は2日までに、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、千葉市若葉区多部田町、自称自営業、森谷正容疑者(61)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、1日午後6時5分ごろ、木更津市草敷の県道と市道が交わる十字路交差点で、アルコールの影響で正常な運転ができない状態で車を運転し、直進していた同市の男性(38)の車の左側面に衝突し、男性と2人の息子に重軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、13歳とみられる中学生が意識不明の重体で、男性と7歳とみられる小学生が軽傷。事故の衝撃で男性の車はひっくり返った。現場は信号機のない片側1車線の道路で、森谷容疑者の車線に一時停止線があったという。


  • LINEで送る