【新型コロナ詳報】千葉県内74人感染、3人死亡 鴨川の病院でクラスター

千葉日報オンライン
千葉日報オンライン

 千葉県で23日、新型コロナウイルスに感染した3人の死亡と74人の感染が判明した。1日としての感染者数が100人を下回るのは4日連続。鴨川市の病院では新たなクラスター(感染者集団)が発生した。

 県疾病対策課によると、死亡した3人はいずれも県内に住む80代女性で、循環器系や内分泌系の基礎疾患があった。3人は3月上旬に発症し酸素投与を受けていたが、中旬以降に容体が悪化したという。

 鴨川市の市立国保病院では、新たなクラスターが発生した。同じ病棟を利用する60代~80代の男性入院患者3人の感染が分かり、これまでに判明していた看護師3人と合わせて計6人となった。職員と入院患者計64人を検査した。

 クラスターが発生している2施設で新たな感染者が確認された。松戸市の高齢者施設「松戸ケアセンターそよ風」では80代女性利用者1人の陽性が分かり、計10人となった。市原市の接待飲食店「club reve」では20代女性アルバイト1人の感染が判明し、計12人に増えた。

 県は同日、松戸市の70代男性が重症と発表した。ICU(集中治療室)で治療を受けている。この他、同市の80代女性と習志野市の80代男性に肺炎症状がみられる。船橋市も市内に住む70代女性が重症と発表した。

 23日に感染が確認された人の居住地は▽船橋市16人▽千葉市13人▽松戸市、柏市が各9人▽市川市、八千代市が各4人▽市原市3人▽習志野市、野田市、鴨川市が各2人▽流山市、我孫子市、鎌ケ谷市、印西市、白井市、茂原市、南房総市が各1人▽県外が3人だった。


  • LINEで送る