女子中生に卑わいな発言 容疑で陸上自衛官の男逮捕 習志野署

習志野署
習志野署

 登校中の女子中学生に卑わいな発言をしたとして、習志野署は18日、県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、船橋市の陸上自衛隊習志野駐屯地の2等陸曹、関龍一容疑者(32)=同市宮本9=を逮捕した。同署管内では昨年1月以降、女児や女子生徒に同様の声掛けをするなどの不審者情報が十数件寄せられており、関連を調べている。

 逮捕容疑は2月15日午前7時50分ごろ、習志野市内の歩道で、県内に住む女子中学生(14)に卑わいな発言をした疑い。

 同署によると、「ナンパ目的で声を掛けた。卑わいなことは言っていない」と容疑を否認している。相談を受けた学校の教員が同署へ連絡し、女子中学生が被害届を出した。防犯カメラの映像などから浮上した。

 関容疑者は「すみません。谷津干潟はどこにありますか」と女子中学生に話し掛けた後、卑わいな発言をしたとみられる。女子中学生はその場から逃げて無事だった。

 同駐屯地は逮捕の一報を受け「詳細を確認中」と説明。所属は明らかにしていない。


  • LINEで送る