【新型コロナ詳報】千葉県内9人死亡、76人感染 千葉市、船橋市でクラスター

 県内で16日、新型コロナウイルスに感染した9人の死亡と76人の感染が新たに判明した。累計感染者は2万8111人。船橋市の高齢者施設と千葉市の保育園で新規クラスター(感染者集団)が発生した。

 船橋市は、同市三咲の介護老人保健施設「みさきの郷」で、クラスターを確認したと発表。入所者7人と職員3人の計10人。重症者はいない。2月25日から徐々に感染が判明し、16日までに10人となった。

 同市は感染して入院中だった市内の80代男性2人の死亡も発表した。2人とも新型コロナによる急性呼吸器疾患が主な死因。

 千葉市は、入院していた90代女性が15日に死亡したと発表した。死亡したのはクラスターが発生した高齢者施設の入所者で、死因は新型コロナによる肺炎。

 稲毛区内の民間保育園では30代~40代の女性職員4人の感染が判明。既に職員1人の感染が分かっており、計5人のクラスターになった。現在、園児35人の検査を進めている。

 県は60代~80代男性5人の死亡を発表。主な死因は全員、新型コロナで基礎疾患があった。うち4人がクラスターが起きた県内病院に入院していた。

 柏市は、市内居住の90代女性1人の死亡を発表。15日に県内の医療機関で亡くなった。死因は新型コロナ。糖尿病の持病があった。

 16日に感染が確認された人の居住地は千葉市18人▽船橋市13人▽市川市10人▽松戸市5人▽木更津市4人▽柏市、八千代市、習志野市が各3人▽浦安市、我孫子市、野田市、山武市が各2人▽市原市、流山市、成田市、大網白里市、東金市、館山市、九十九里町が各1人▽県外が2人。


  • LINEで送る