【新型コロナ詳報】千葉県内106人感染、2カ月ぶりに死者ゼロ クラスター発生5施設で感染者増

 千葉県内で14日、106人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した。死者の発表は1月8日以来、約2カ月ぶりにゼロだった。累計感染者は2万7959人に増えた。

 県は10歳未満から90代以上の男女60人の新規感染を発表。多古町の30代男性と千葉市の80代女性に肺炎の所見があるという。

 このほか、県はクラスターが発生している4施設で新たな感染者が確認されたと発表した。八千代市のサービス付き高齢者住宅「真宝の家」は計31人、松戸市の高齢者施設「松戸ケアセンターそよ風」は計9人、松戸市の「カラオケスタジオ都瑠」は計12人、市川市の「ニューパブ馬」は計7人に増えた。

 千葉市は、クラスターが発生した若葉区の特別養護老人ホーム「サンライズビラ」で新たに入所者2人の感染を発表した。いずれも80代の女性で軽症。このほか、10歳未満~90代の男女30人の感染も公表した。

 船橋市は、20代~70代の男女14人の感染を発表。市内の60代女性1人の症状がやや重く、酸素投与を受けている。

 14日に県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市30人▽市川市18人▽船橋市16人▽松戸市15人▽野田市4人▽習志野市、佐倉市が各3人▽八千代市、浦安市、市原市、白井市、茂原市が各2人▽流山市、鎌ケ谷市、成田市、八街市、銚子市、旭市、多古町が各1人だった。


  • LINEで送る