【新型コロナ詳報】千葉県内129人感染、6人死亡 市川の接待店でクラスター

千葉日報オンライン
千葉日報オンライン

 千葉県で13日、新型コロナウイルスに感染した6人の死亡と129人の感染が新たに判明した。市川市内の接待を伴う飲食店「ニューパブ馬」で新たにクラスター(感染者集団)が確認された。県内の累計感染者は2万7853人に増えた。

 死亡したのは70代~90代以上の男女6人。このうち循環器などに疾患があった70代の男性は、死亡後に感染が分かった。男性は自宅で呼吸困難になり救急搬送されたが、まもなく心肺停止。死因は新型コロナによる肺炎と診断された。

 市川市内の「ニューパブ馬」では、70代~80代の女性4人(従業員3人、客1人)の感染が判明。すでに感染が分かっていた客2人と合わせ、計6人のクラスターとなった。同店は6日から休業している。

 県によると、店は正午~午後8時の時短営業で、従業員はマスクをして接客。店内の換気やマイクを使う度に消毒するといった対策はしていたが、客がマスクを外してカラオケをする場面があったという。

 クラスターが発生している2施設で新たな感染者を確認。市原市の「リハビリテーション病院さらしな」は計24人に、千葉市若葉区の「千葉中央メディカルセンター」は計60人に増えた。

 船橋市は、戸籍住民課(高根台出張所勤務)の50代女性職員の感染を発表した。10日の勤務後に発熱やせきなどを発症し、11日以降は出勤していない。家庭内での感染とみられ、来庁者を含め職場内での濃厚接触者はいないという。柏市は市立田中中学校の女子生徒1人を含む10歳未満~70代の男女8人の感染を発表。同校内に女子生徒の濃厚接触者がいないため臨時休業はしないという。

 13日に県内で感染が確認された人の居住地は▽船橋市28人▽市川市21人▽松戸市17人▽千葉市13人▽柏市、市原市7人▽八千代市5人▽習志野市4人▽佐倉市、鎌ケ谷市、木更津市、四街道市、白井市、八街市、茂原市が各3人▽浦安市2人▽富里市、君津市、南房総市が各1人▽県外1人。


  • LINEで送る