「感染続けば解除難しい」 森田知事、宣言延長の可能性に言及 新型コロナ

緊急事態宣言解除の延長の可能性に言及する森田知事=1日、千葉県庁
緊急事態宣言解除の延長の可能性に言及する森田知事=1日、千葉県庁

 千葉県内の新型コロナウイルス感染者が東京都の感染者数を上回ったことを受け、森田健作知事は1日、記者団の取材に「現在の感染の状況が続くなら、千葉県の解除は難しいと考えている」と述べ、感染者が減らなければ7日が期限の緊急事態宣言を解除するのは困難との考えを示した。

 1日に県内の感染者が127人となり、東京の121人を上回った。森田知事は「6日連続で新規感染者が100人を超えた」と述べ、100人以上となる状況が続いたり、さらに悪化したりする場合は「7日の解除は非常に難しく、延長も千葉県においては頭に入れておかなければならない」と指摘した。

 森田知事はこれまで「宣言解除の目安は、一日の新規感染者二桁が1週間ぐらい続き、医療体制も大丈夫と確認できれば国と協議したい」と述べていた。


  • LINEで送る