農業運搬車の下敷きに 千葉・多古町で作業中の男性死亡

 5日午後5時15分ごろ、千葉県多古町高津原の住宅敷地内で、この家に住む菅沢三郎さん(83)がエンジン付き農業運搬車(全長2メートル、幅1・2メートル)の下敷きになっているのを帰宅した息子(56)が見つけ、119番通報した。菅沢さんは搬送先の病院で死亡が確認された。香取署は、作業中に運搬車の操作を誤った可能性があるとみて事故原因を調べている。

 同署によると、運搬車の荷台には樹木が積まれており、菅沢さんは裏山の伐採樹木を一人で片付けていたとみられる。


  • LINEで送る