【新型コロナ詳報】千葉県内239人感染、6人死亡 4日連続で200人超え 新たなクラスターも

千葉日報社
千葉日報社

 千葉県で5日、新型コロナウイルスに感染し入院していた6人の死亡と239人の感染が判明した。感染者は4日連続で200人を上回り、2つの高齢者施設で新たなクラスター(感染者集団)が発生した。

 県は同日、居住地・性別非公表の高齢患者が16日に県内の医療機関で死亡していたと発表。保健所に退院などの報告がなく、医療機関に問い合わせ発覚した。県疾病対策課によると、患者の受け入れ体制に影響はなかったという。死亡した柏市の90代女性は、クラスターが発生している北柏リハビリ総合病院(柏市柏下)の入院患者だった。

 県は、新たに2つの高齢者施設をクラスターと認定。特別養護老人ホーム「はまなす苑」(流山市こうのす台)では利用者と職員計3人の感染が分かり、陽性者は計6人となった。いずれもショートステイ部門の関係者で、入居者らとの接触は確認されていない。

 これまでに2人の感染が判明していた通所施設の「デイ・ハウスあゆみ」(成田市並木町)では、新たに利用者と職員計9人の感染が分かった。対象者全員分の検査結果が出ており、引き続き健康観察を進める。

 県内でクラスターが発生している5病院でも、それぞれ感染者が増えた。入院患者を中心に計24人が感染した最成病院(千葉市花見川区)では、新たに入院患者の男女2人の感染が判明。いずれも一度陰性だったが、発熱して再び検査を受けた。

 千葉市が発表したいずれも同市居住の30代男性公務員2人は同じ職場だが、感染経路は不明という。

 5日に県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市35人▽市川市28人▽船橋市26人▽成田市20人▽松戸市15人▽柏市、流山市が各14人▽野田市11人▽八千代市、我孫子市が各8人▽浦安市、佐倉市、富里市が各7人▽習志野市、木更津市が各5人▽市原市4人▽四街道市、八街市、香取市、匝瑳市が各3人▽印西市、白井市に各2人▽鎌ケ谷市、東金市、茂原市、鴨川市、君津市、栄町、神崎町、長南町が各1人▽県外が1人だった。


  • LINEで送る