【新型コロナ詳報】千葉県内462人感染、9人死亡 自宅療養中の死亡は2例目

千葉日報 新型コロナ情報
千葉日報 新型コロナ情報

 千葉県内で22日、新型コロナウイルスに感染した9人の死亡と、462人の感染が新たに分かった。県内の死者は累計203人、感染者は1万9507人に増えた。県内2例目となる自宅療養中の患者の死亡も判明した。

 県は、5人の死亡を発表。このうち、自宅で療養していた栄町の60代男性は19日午後8時40分ごろ症状が急変。家族が救急要請し、救急車が40分後に到着した時には心肺停止状態だった。

 また、県は4件の新規クラスターを発表。鴨川市横渚の小田病院では職員3人と入院患者5人が判明。感染者は計10人となった。

 香取市志高の建設業「遠藤組」では新たに6人感染が判明。市川市の水と緑の部では職員3人が新たに感染し計6人、流山市おおたかの森北の特別養護老人ホーム「初石苑」では新たに2人感染で計14人となった。

 千葉市は、コロナ患者2人の死亡と、過去最多となる126人の感染判明を発表した。感染者が100人を超えるのは4日連続。これまでに職員複数の感染が分かっていた千葉刑務所(同市若葉区)について、クラスターが発生したと認定した。

 市によると、死亡したのはいずれも市内居住で、新型コロナに感染し入院していた80代の男女2人。

 船橋市は、感染して入院中だった市内の80代男性1人の死亡と、10歳未満から90代まで55人の感染判明を発表した。判明のうち10人はクラスターが生じた市内の介護老人保健施設「フェルマータ船橋」の入所者9人と業者1人で、軽症か無症状。同施設の感染者は22人となった。

 柏市は、市内居住の80代女性1人の死亡と42人の感染を発表した。女性は市内医療機関に20日救急搬送された際のPCR検査で陽性が判明。21日に亡くなった。

 22日に県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市122人▽船橋市56人▽松戸市46人▽柏市43人▽市川市29人▽浦安市17人▽成田市12人▽習志野市、我孫子市が各10人▽市原市、野田市、八街市、香取市が各8人▽佐倉市、四街道市、鴨川市が各7人▽流山市、印西市、富里市、君津市が各6人▽八千代市、鎌ケ谷市、木更津市、白井市が各5人▽東金市3人▽九十九里町が2人▽袖ケ浦市、茂原市、銚子市、南房総市、匝瑳市、いすみ市、栄町、多古町、鋸南町が各1人▽県外6人だった。


  • LINEで送る